『リーガル・ハイ』(2012年)では法と正義の問題を、『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年)では恋愛力ゼロの男女の恋愛を描き、現在フジテレビの月9枠で放送中の『コンフィデンスマンJP』では信用詐欺が題材の物語を描く古沢良太さん。多様な物語を生み出す一方で、すべての作品に通底するテーマや継続して描きたいテーマなどは持っているのだろうか。
 
 

――古沢さんは様々なタイプの脚本を書かれていますが、「こういうことを書きたい」というご自身のテーマみたいなものはあるんでしょうか?

 

 あまり考えたことがないですね。そのときそのときの自分がやってみたいこと、書いてみたいこと、チャレンジしてみたいことに、なるべく忠実に向き合うということだけを考えています。

――今季放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』については、どんなことを書きたいと考えていたのでしょうか。

 今回は何ですかね……。最近、わりとこじんまりした内向きなドラマが多くなり、世の中もモラル等々に対して厳しくなっていると感じていたので、そういうのを木端微塵に吹き飛ばすドラマをやりたかった、ということでしょうか。

――今回のドラマは題材が詐欺ですし、話のスケールも非常に大きいですよね。

 そうですね。不埒な部分や不謹慎な部分も描いて、「モラルなんて関係ねえんだよ!」と言えるような作品にしたいと思っています。エンターテインメントの世界くらいそういうのがないと。

――世の中に息苦しさを感じていたり、そういう空気を嫌だなぁと思っていたりする人が、見ていて楽になるようなドラマにしたいと。

 あと、こういう悪事を働く主人公って、「実は暗い過去を背負っていて……」みたいな設定のことが多いんですが、『コンフィデンスマンJP』の主人公たちは本当に何者なのかよく分からない。過去の人生とかは一切関係なく、ただ毎回集まって、莫大なカネを騙し取っていく人達です。ジメジメした雰囲気が一切ないドラマにしたい、ということは意識していました。

――『コンフィデンスマンJP』は毎回詐欺のターゲットが異なり、一話ごとに話が完結しますよね。だからこそ過去を描かずとも話を進められる……というのもあるのでしょうか。

 それはあるでしょうね。視聴者の人たちにも「毎回独立した単独の作品」くらいの気持ちで見てもらえたらいいな、と思っています。

〈明日の質問は……Q15.「『リーガル・ハイ』の古美門研介という名前はどうやって生まれたのでしょうか?」です。〉