2015 年に『松本清張賞』と『小学館文庫小説賞』をダブル受賞してデビューした平成生まれのゆとり作家が直面した出版不況の現実! いかに自分の本を売っていくか。その方法を探すために、担当編集と旅に出る! 3月20日刊行。「拝啓、本が売れません」を本を読むプロの皆様に一読していただき、感想をいただきました! 賛否両論、あわせてお届けいたします。

「毒を吐く額賀澪を楽しみたい人、に絶賛オススメする。」
――精文館書店中嶋新町店 久田かおり

額賀澪『拝啓本が売れません』/KKベストセラーズ刊/定価:本体1400円+税/全国書店、アマゾンで発売 ※写真をクリックすると新刊案内に飛びます。

 あの爽やかで切ない青春小説を次々と描きだしている「作家額賀澪」さんとは違う、リアル額賀さんの魅力を私は知っている、と思っていたけれど、いや、まだまだ甘かった。 

 自らを「糞ゆとり作家」と呼び、同時期にデビューした今を時めく人気作家に「お腹を壊せ」と呪をかけちゃうような、そんな方だったとは!!いやぁ、大好きな『ヒトリコ』や『君はレフティ』を次に読み返すときにはきっと額賀さんの「ニヤリ」とした黒い笑顔がちらついてしまうだろうな。 あ、でもどの小説にも爽やかなだけではないどろりとした「毒」のようなものがちらちらしていたっけ。

 そうかそうか。あの毒の正体が「額賀澪」の素顔だったのか。なるほどな。 これは額賀澪の本当の魅力が味わえるのはもちろんだけど、それ以上に一冊の本が店に並ぶまでにどれだけの人の手がかかわっているかがよくわかる。本が好きな人、本を作りたい人、そして毒を吐く額賀澪を楽しみたい人、に絶賛オススメする。 

(「精文館書店 中嶋新町店」文芸担当 久田かおり)