何回も行ってるはずなのに、行くたびに悩んでしまうのが洋服の「試着」。
そこでSTREET JACK編集部がお店で「絶対に失敗しない」試着の基本を総まとめ!
今回はこれからの季節欠かすことのできない「Tシャツ」の試着方法をお届けします。
Tシャツの中でも失敗しやすいUネックとVネック。

詰まりすぎも、ゆるすぎるのも×
鎖骨がチラ見えする程度で

 袖や裾ももちろん大切だが、「Tシャツをおしゃれに見せる」ということを考えると、首回りが一番重要だ。
 首が詰まって窮屈そうだったり、逆に胸元が開きすぎてセクシーすぎると、どんなにいいTシャツを着ていても台無し。例えば、古着のロックTシャツはもともと首元が詰まったものが多いし、海外ブランドのゆる首Tシャツは体型の良い外国人向けサイズで作られており、日本人が着ると胸元が開きすぎてしまうこともあるので、特に注意したいところ。
 またお店によっては、肌に直接触れるため、Tシャツの試着を断っているところも。そういうときは、お店の人などに背中で肩の位置を合わせてもらうと、大きな失敗は防げるのでぜひ。

 
 VネックTシャツの失敗例 正解はこちら

Vネックの試着は?

着る人の体型を選ぶ超難関なTシャツ!

 特にやせすぎの人は胸板が薄いぶん、Vの角度がきつく出て胸元がだらしなく開いてしまいがち。Vのラインに補強がされているものや、角度がゆるいものを選ぶのがベターだ。
 

 

 UネックTシャツの失敗例 正解はこちら

Uネックの試着は?

本当の「U」字は危険!? 正解は…

 そのままアルファベットの「U」の字みたいに胸元を開けるのはやりすぎ。肩が首から約1〜2cm、胸元は鎖骨がチラリと除くぐらいのカーブを描くくらいが理想的な着方だ。

 

次のページ 丸首Tシャツは◯◯の上に乗るイメージ?