迷宮入りとなってしまった、歴史上の数々の「事件」。その真相とは? そして犯人はいったい誰なのか? 小和田泰経氏が“歴史警察”となり、残された手がかりから真相に迫る連載「あの歴史的事件の犯人を追う! 歴史警察」。今回は「近江屋事件」を取り上げる。

■事件の概要

 慶応3年(1867)11月15日、京都の河原町にあった土佐藩用達の醤油商近江屋において、土佐藩士の中岡慎太郎と坂本龍馬とが暗殺された。これが、世に言う近江屋事件である。中岡慎太郎は武力倒幕を目指す軍事力として陸援隊を組織し、坂本龍馬は海運を担う海援隊を組織していた。坂本龍馬はそれまで薩摩藩の定宿であった寺田屋を宿所としていたが、慶応2年(1866年)正月に、幕府の伏見奉行による襲撃をうけてしまう。いわゆる寺田屋事件である。このとき、寺田屋は30人ほどの捕り手に囲まれたが、1階で風呂に入っていた恋人のお龍が裸で階段を駆け上がり、2階にいた龍馬に危険を知らせたというのは、有名な話である。龍馬は、所持していたピストルで応戦したが負傷し、お龍とともに薩摩藩邸に逃げこんだ。龍馬が近江屋を定宿とするようになるのは、近江屋事件がおきる直前のことである。

 

 龍馬が近江屋を定宿とするようになって1か月ほどしたこの日、中岡慎太郎が、近江屋に龍馬を訪ね、2階の8畳間で、龍馬と話し合いをしている。その内容は、京都の三条大橋に掲げられた長州藩を咎める制札を引き抜いて新撰組に捕らえられた土佐藩士の宮川助五郎の処遇であったという。中岡慎太郎は、その身元引き受けについて坂本龍馬に相談するため、近江屋を訪れたのだった。
 その後も話は盛り上がったらしく、夜になったころ、近江屋に来客があった。元力士で龍馬の従僕をしていた藤吉が階下におりると、その来客は十津川の者だと名乗る。しかし、この来客こそが、実は刺客だったのである。藤吉が龍馬に取り次ぐべく2階にあがったところ、背後から刺客に斬りつけられてしまう。このとき、2階にいた龍馬は、「ほたえな(騒ぐな)」と怒鳴ったが、すでに藤吉は、絶命していた。2階に上がった刺客は、部屋に侵入して中岡慎太郎に一撃を浴びせると、もう1人の刺客が龍馬に斬りかかった。刺客の襲撃を予想だにしていなかった2人は、防戦するまもなく斬られてしまったことになる。動かなくなった2人を見た刺客は、「もうよい、もうよい」と言って立ち去ったという。すぐ向かいにある土佐藩邸から救援が来たときには、すでに刺客は近江屋にはいなかった。このとき、龍馬は即死したとされ、中岡慎太郎は2日後の11月17日に息を引き取った。

次のページ 犯人は誰か?