『ブロックチェーン入門』(KKベストセラーズ)の著者、森川夢佑斗氏がCEOを務める株式会社Gincoは、「仮想通貨ウォレット」と呼ばれるアプリを提供している。仮想通貨ウォレットは、ハッキングの可能性が極めて低い、仮想通貨の管理用アプリケーションだ。今回は、仮想通貨とブロックチェーン技術の専門家である森川氏に、仮想通貨元年の終わりと、ブロックチェーン時代を迎える上で不可欠な「ウォレット」の必要性について、意見を聞いてみた。

■"仮想通貨元年"の幕引き

 2017年に訪れた空前の仮想通貨ブームは、2018年1月に発生したコインチェック社のハッキング事件によって、世間全体を巻き込む一大騒動となった。

 その後、国内証券大手のマネックスグループが同社を子会社化したことで騒動は鎮静したが、同時に狂騒的な仮想通貨ブームもひとまずの区切りを見せたように思う。

 気づけば国内の仮想通貨取引業者の多くが、金融・証券・FXといった"信頼と実績"を持つ企業の元に落ち着いている。その他の事業者にも金融庁の手が入り、新規の仮想通貨交換業者の登録には完全に「待った」がかけられている。

 急激に下落する相場に投資初心者たちの熱が冷めつつある今、ようやく冷静に「ブロックチェーン」という技術に向き合う機運が高まってきたように思う。

『ブロックチェーン入門』の著者・森川夢佑斗氏は、こうした状況になる以前から、一過性の投資(あるいは投機)ブームの終わりを見越して、正しいブロックチェーンの在り方を模索してきた。

次のページ 仮想通貨取引とブロックチェーン技術の隔絶