育児を通した夫婦関係について、「夫」目線で考える本特集「『イクメン』って結局なに?」。編集部のアンケート調査の結果、夫婦関係に満足している「満足派」の男女は7割を超えた。ただし、パートナーに対する不満の声が少なかったかといえば、そうではない。妻への「夫に対してどのような不満があるか?」のアンケートでは、「育児」「家事」に大きな不満があることがわかった。では、一方の夫は「妻に対してどのような不満があるか?」。
 

 妻へと同様に、0~6歳の子どもを持つ20~50代の男性250人に「妻に対してどのような不満があるか?」のアンケートをおこなった(2018年2月14日~15日集計、アンケート協力:アイブリッジ)。選択肢として提示したのは、「育児」「家事」「仕事」「自分に対する接し方」「考え方」「性格」「その他」の7つ不満だ。さっそく結果を見てみよう(※複数回答可)。

●1位 家事(26人)

 もっとも多かったのは、妻へのアンケートでも回答が多かった「家事」。夫婦それぞれが家事についてお互いに不満を持っている形だ。
 なかでも目についたのは、共働きの家庭が増えて、家事の分担が進んでいるためか、「家事をしない妻」への夫たちの不満である。

「ゲームばかりしている。掃除をしない、片付けをしない、食器を洗わない、朝食を作らない、洗濯をしない。子どもと遊ばない、子どもをお風呂に入れない」(38歳・自営業)
「妻は料理が苦手で、あまり料理をしない。ほとんど自分がやっている」(38歳・会社員)
「仕事から帰って来たら、洗濯物は干したままでパソコンをしていた。また、子どものお迎えの時間が来ても、迎えに行こうとしないので、私が行った」(36歳・会社員)

 前回記事「『これでは独身時代と同じ』夫のマイペースさに悩まされる妻たち」を読んだ人なら、どこかで見たことがあるという印象を覚えたかもしれない。こうしたコメントは妻への不満アンケートでも見られたものだ。

次のページ 「家事」と同率1位だったのは……