絵を描くことに目覚めたリア充高校生が、美大受験を目指す『ブルーピリオド』。熱い内容はもちろん、読めば絵の見方や技法についてもするする頭に入ってくる一粒で二度楽しめる作品だ。その作者・山口つばささんのインタビュー前半では、連載の経緯やマンガと絵画の違いについて話を聞いた。後編ではどんな話が飛び出すか、それでは本編スタート!

 

ブルーピリオド(1) ©︎山口つばさ/講談社
ブルーピリオド

山口つばさ 著
講談社刊
既刊2巻

■あらすじ
成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎(やぐち やとら)は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語、八虎と仲間たちは「好きなこと」を支えに未来を目指す!(Amazon.co.jpより)

■掲載誌
 月刊アフタヌーン(2017年8月号〜連載中)
■公式ホームページ
http://afternoon.moae.jp/lineup/832
 

 

 

【前編はこちら】

■ 好きなことは趣味でいい、は大人の発想

――好きなことに本気で向き合う悦びと痛みを描いた本作は、刺さる名言のオンパレードでもあります。STREET JACKの読者である、18歳から22歳の男子に贈るならコレ!というセリフがあれば教えてください。

山口 ありますか?(と、担当編集に振る)

担当編集 丸投げした!(笑)。「俺の好きだけが俺を守ってくれる」は名言だなと。おばあちゃん先生の「『好きなことは趣味でいい』 これは大人の発想だと思いますよ」も人気のあるセリフです。

写真を拡大 八虎へのセリフなのに、何かを突きつけられた気がしてこちらもドキリ ©山口つばさ/講談社

――自分で聞いておいてなんですけど、「俺の絵で全員殺す」というセリフも刺さりました。

担当編集 そのセリフは特に絵を描く人とか、マンガ家さんから共感するという声が届きました。 

――やはり! 絵を描く人といえば、キャラクターが絵を描くシーンが頻出します。その絵は別々の人に描いてもらい、ひとつひとつ選定しているわけですよね。この場面ではこの絵を使う、みたいにして。

山口 そうですね。自分で全て描くと偏ってしまうので、友達からもらった絵をデータ化して、ここにはコレを入れようみたいな時もあるし。みんなでで同じモチーフをデッサンする場面があるときは、どうしてもモチーフが揃わないので、友達を何人か家に呼んで描いてもらったりしています。

――余計なお世話なんですけど、作中の講評のシーンであまりよく言われない絵もあったりするじゃないですか。そこで友人関係にヒビが入ったりはしないんですか?

 

山口 揉めないよう先に言っておきます。でもみんな優しくて、「ひどい講評に使ってくれても大丈夫だから」「宣伝になるからマジで使って」みたいに言ってくれるんです。

――みんな優しいなあ。普段からマンガやイラストを描いている女子の絵に対し、先生が「圧倒的に(モチーフを)見ていないようにみえました 手のくせや想像ではなく もっと見てあげてください」と講評するシーンがありました。一度頭の中にイメージが出来てしまうと、それを追い払うのって難しいものなんだなと印象に残っています。

山口 それ、絵をやっていると言われがちなセリフなんですよ。

次のページ 「好き」を突きつめた先にあるもの