みなさんの「ドライブの楽しみ」は
何ですか??

とにかく広い北海道!
どこまでも続くまっすぐな道や大自然の中を走る爽快感は、ドライブの大きな魅力。絶景が広がる北海道。ドライブが楽しくなる季節到来です!

ちなみに私は、ドライブの途中で食べるソフトクリームやジェラートが大好きです。その地域の名産品の味やトッピング、その時期限定など個性豊かなものも多くて…なんだか普段よりも魅力的に見え、ついつい食べてしまいます。

 

ドライブ途中、地域ならではのグルメが楽しむなら“道の駅”がおすすめです。
現在、北海道には121か所(※2018年3月現在)の道の駅があり、それぞれ個性的で美味しいものがいっぱいあります!
道の駅に寄り道しながらのドライブグルメを満喫してみませんか。



Spot 1 
「なないろ・ななえ」で味わう限定名物
「ガラナソフト」と「ききりんごセット」

2018年3月23日にオープンしたばかりの道の駅「なないろ・ななえ」。
函館から車で約30分。函館から大沼公園に向かう途中の国道5号線沿いに位置し、大沼や函館を起点に駒ヶ岳と大沼・小沼などの湖の絶景ドライブにぴったりのスポットです。

大沼。

七飯産の道南杉を使用した温かみのある店内は、地元の食材を楽しむことができる特産品直売やカフェのほか、北海道の定番みやげも充実しています。
そんな道の駅の顔であるロゴのモチーフはりんご!

…なぜ、りんごなの??

実はここ七飯町は日本で初めて西洋りんごが栽培された場所なんです。
そのため、七飯町の特産物のひとつにりんごがあげられたり、町の花に「りんごの花」が制定されるなど、現在でもりんごとは深い係わりがあります。
そんな、七飯町の道の駅で楽しめるグルメがこちら!!
七飯町のりんごジュースを飲み比べできる「ききりんごセット」。

地元生産者によってつくられたジュースの種類は週に一度入れ替わります(500円)。

つがる・ふじ・レッドゴールド・ななみつきなど、七飯町で生産されたりんごの持ち味を生かした3種のジュースを味比べしながら一度に楽しめます。りんごジュースは特産品コーナーで購入もできるので、お気に入りが見つかったらお土産にどうぞ!ほかにも、七飯町内のお店でつくったアップルパイなど盛りだくさん!りんご好きにはたまらないスポットです!

そして、この道の駅でぜひ食べてほしい名物が、地元で愛され続けている炭酸飲料水・コアップガラナから誕生した「ガラナソフト」。

パチパチをトッピングしたガラナソフト(350円)。

炭酸飲料「ガラナ」をソフトクリームにしたここでしか食べられない名物ソフトです。
飲料のガラナの風味そのままに、スッキリしていて甘すぎない味が特徴。炭酸のシュワシュワ感をより感じたいなら「パチパチ」のトッピング(20円)がおすすめです。

 

道の駅 なないろ・ななえ■
【住所】北海道亀田郡七飯町字峠下380-2

【営業時間】9:00~18:00 
 ※各施設によって変動あり。   
【電話番号】 0138-86-5195   
http://nanairo-nanae.jp/