ワルサーP38、シュマイザー短機関銃、モーゼル小銃……20世紀のドイツ軍を支えた、世界屈指の名銃に迫る連載、第4回。

 ■MG42汎用機関銃

MG42を携行するワッフェンSS隊員。写真の銃には50連の給弾ベルトが内蔵されたドラムマガジンが装着されている。

 ・・・・ケルベロスの通称で知られた首都警特機隊の元隊員、乾にとっての渾身の戦いが始まった。数をたのんで迫りくる敵を、たった一人、愛銃MG42で迎え撃つ。布を引き裂くような鋭い連射音が轟く度、強力な7.92mmマウザー弾を被弾した敵が、後方に吹っ飛ばされるようにして次々と斃れてゆく。オーヴァーヒートした銃身を一瞬にして交換し、乾は着実に敵を仕留め続る・・・・国産アクション映画の傑作『ケルベロス-地獄の番犬』のワンシーンである。

 第二次大戦勃発時、ドイツ軍は基幹小銃Kar98kと同じ7.92mmマウザー弾を使用する汎用機関銃MG34を装備していた。同銃はきわめて優秀な機関銃だったが、生産工程の手間とコストが高いのが難点だった。