プレッシャーを避けるではなく、うまく利用する――。日々重圧の中で戦う日本のビジネスマンに向け、現在ラグビーイングランド代表で指揮をとるエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)がアドバイスを送る。特別連載第7回。

■己の中にプレッシャーを楽しめる悪魔を呼び出せ

――プロの指導者として勝負の世界に長く身を置き、計り知れないほどのプレッシャーにさらされてきた。その中で自分なりに考察を重ね、勝負の現場でも実践してきたジョーンズ氏。プレッシャーに押しつぶされた経験も、それに打ち勝って立ち上がった経験も持つ。現在、「ラグビーの母国」イングランド代表HCとしての厳しいプレッシャーをどう受け止めているか。

 代表チームの監督というのは非常にプレッシャーがかかるポジションだが、あまり長くできる仕事ではないと自覚している。しかしこの仕事ができる間は、この強烈なプレッシャーというものを楽しもうと思っている。プレッシャーを楽しむと言えば、私が日本代表を指揮していた2015年2月に、原辰徳氏(元・読売ジャイアンツ監督)を合宿所に呼び、スピーチして貰ったことを思い出す。その時の彼の言葉は、非常に印象に残るものだった。

“試合が始まり、一歩グラウンドに足を踏み入れたら、自分の中の悪魔を呼び出さなければいけません。激しく戦い、何よりも勝利を求める悪魔を。この悪魔はプレッシャーを楽しむことができる悪魔です。この悪魔は、誰でも自分の中に持っている悪魔です。選手たちは、この悪魔が自分の中のどこにいるかを探し出し、試合の時に呼び出さなければいけません。そしてコーチ陣は、その手助けをするべきなのです”

――これは自分の指導する選手たちにも、試合前にはプレッシャーを楽しめる悪魔を呼び出して欲しい、ということか?

 例えば野球の試合で言えば、プレッシャーを楽しんでいる選手は、緊迫した試合の守備の場面でも、「自分のところへ打球が来い」というメンタリティを持っている。ミスをしたらチームが負けるという場面で、敢えて自分がその勝負を受けたいと考える。逆にここでボールが「自分のところへ飛んで来るな」と考える選手は、プレッシャーに負けている状態。こうしたネガティブな考えは、ネガティブな動きを生み出し、かえってミスが起こりやすくなる。

 指導者が自分のチームの選手たちに、どちらのマインドを持って戦って欲しいかは言うまでもないだろう。

――ここまでで、プレッシャーを理解する、耐性を鍛える、相手にかける、楽しむ。様々なアプローチがあることを教えてくれた。最後に、いまこれを読んでいる日本の読者に伝えたいことは? 

 プレッシャーとは、必ずしもネガティブなものではないということを理解して欲しい。誰だってプレッシャーに押し潰され、苦い経験をすることがある。しかし、そこからプレッシャーに打ち勝った成功体験を重ねて、「プレッシャーを利用する」ことができるようになれば、勝負強い人生を送ることができる。

 

 それには、何を心配すべきで、何を心配すべきでないかをしっかりと見極め、適切な鍛錬を重ねる必要がある。難しいのは、それでもいつも勝てるとは限らないということ。しかし、人生には必ず次の勝負、次のプレッシャーというものがやってくる。何かが上手くいかなくても、なぜ上手くいかなかったかをよく考え、次の勝負で、取り返せばいい。

*今年2月〜3月に行われたシックスネーションズでは3連敗を喫し、イングランドのファン、そしてメディアからの激しいプレッシャーに晒されているジョーンズHC。イングランド代表チームは、6月9日、16日、23日に行われるテストマッチの為、6月上旬より南アフリカへ遠征を行う。現在受けているプレッシャーを利用し、シックスネーションズでの悔しさを晴らせるような結果を残すことはできるだろうか。