■今日は「地獄」か「天国」か

 

 いよいよ前座生活が始まった談慶さんですが、談志師匠の用をこなすことに変わりありません。今回は「まくら」は短めにして、談慶さんが過ごした前座生活の基本的な1日の流れと、ふとした時に師匠と二人っきりで過ごした時間のエピソードなどを垣間見ていきましょう。では、『無茶ぶりされるのは親愛の証』の始まりです。

   * * *

次のページ 「12時練馬集合」その後は…