いきなりですが、人を好きになるかどうかは、その人の「魅力」によるものですよね。「噺家になろう!」、そんな志を立てた人は、やはり自分が好きになった、惚れた落語家を師と定めて弟子入りします。談慶さんの場合は、それが立川談志さんだったというわけです。では、談慶さんは、師匠談志さんのどんなところに魅力を感じて弟子入りを申し出たのでしょうか。そんな話を、今回から2回に分けてお送りしましょう。では、『なぜ師匠は凄いのか――談志の魅力その1』の始まりです。

   * * *

次のページ 一方的対応こそが前座修業