江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

 吉原と聞いたとき、まず「太夫」を思い浮かべる人は多いであろう。
 太夫は吉原遊廓の最上級の遊女の称号である。太夫ともなると美貌はもとより、高い教養もあり、まさに才色兼備だった。また、その性技は秀逸で、男をとりこにした、と。さらに、大名や豪商すらはねつけるほどの誇りと意地があったとされる。
 そんな太夫のなかで、もっとも有名なのが三浦屋の高尾であろう。

写真を拡大 図1『古代江戸絵集』、国会図書館蔵

 図1は、「三浦屋高尾」と記されている。
 三浦屋は吉原でも超一流の妓楼だった。その三浦屋で代々継承された太夫の名称が高尾で、七代までいたとも、十一代までいたともいわれる。図1の高尾が何代目かは不明。ともあれ、図1を見ると、
「やはり、太夫はすごいな」
 と感じる。

 ところが、この太夫の称号は宝暦年間(1751~64)に廃止され、それまでは複雑だった遊女の階級も、

 花魁(上級遊女)―新造(下級遊女)―禿(遊女見習い)

 に簡素化された。
 現在、時代小説やテレビ・映画の時代劇の舞台になる吉原は、もっぱら文化元年(1804)以降である。ということは、小説や時代劇の吉原には、すでに太夫はいなかった。逆に、太夫が登場すれば時代考証の誤りということになろう。

 さて、図1の絵師は歌川豊国である。
 豊国は明和六年(1769)に生まれ、文政八年(1825)に死去した。なんと、豊国が生きた時代、すでに吉原に太夫はいなかった。豊国自身、太夫を見たことはなかったのである。
 では、豊国は何を根拠に三浦屋の高尾を描いたのだろうか。写真などの映像記録もなかった時代である。
 けっきょく、豊国はまったくの想像で高尾太夫を描いていたのだ。
 では、実際の高尾太夫の姿はどうだったのか。

次のページ 実際の太夫の「素朴」な姿