江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

 宝暦期(1751~64)に太夫の称号が廃止されるなど、吉原の遊女の階級は簡素化された。宝暦期以降の階級は相撲にたとえると、わかりやすい。つまり、

 花魁(おいらん)―― 関取
 新造(しんぞう)―― 幕下
 禿(かむろ) ―― 初土俵前の見習い

 となろうか。

写真を拡大 図1『聞道初音復讎』(山東京山著、文化6年)、国会図書館蔵

 相撲界と同様、遊女の待遇も階級によって決まった。食事に関しても、階級によって待遇の差は歴然としていた。
 図1は、妓楼の朝食の光景である。ただし、遊女が起床するのは四ツ(午前十時頃)だから、妓楼の本格的な朝は四ツだった。当然、朝食も四ツ以降となる。
 注目すべきは、飯台と呼ばれるテーブルに向かい、新造と禿が食事をしていることだ。
 飯台が置かれているのは、多くの奉公人や客人なども行き交う、一階の廊下と言ってもよいような場所である。しかも、食事をしているところは丸見えだった。

 いっぽう、図2の右頁は、花魁の朝食の光景である。

写真を拡大 図2『玉子の角文字』(芝全交著、江戸中期)、国会図書館蔵

 花魁は二階に個室をあたえられていた。食事も下女などが個室に運んでくれる。
 ひとりで食べるのはつまらないというとき、図2のように誰かの部屋に集まって食べることもあった。
 現在の旅館の区分によれば、幕下以下は会場食、関取以上は部屋食ということになろうか。

次のページ 農民よりもはるかにめぐまれていた遊女の食生活