今年3月、18-22歳向けファッション誌『STREET JACK』のWEBサイトリニューアルを機に、
人気芸能スクール・ワタナベエデュケーショングループ(WEG)とタッグを組んだ
「初代・SJ WEBモデル」を選ぶコラボオーディションが開催された。
見事、グランプリに輝いたのは、大分県出身の大学生、井上瑞樹くん・19歳。

編集部は早速井上くんを直撃し、彼のパーソナルやオーディションについてのエピソード、
また、これからモデル、そして合格者特典であるWEGの特待生としての意気込みを聞いた!
写真を拡大 本格的な撮影はこのインタビューが初。にも関わらず、さすがグランプリ!と思わせる堂々たる表情を見せる井上くん。

 

まずはグランプリに輝いた
井上くんのパーソナルデータをチェック!

名前  井上瑞樹
年齢  19歳
誕生日 1998年8月12日
職業  大学生
身長  177cm
体重  60kg
出身地 大分県
趣味
 温泉・ラーメン巡り
特技
・テニスのサーブ
 (200キロ)
・舌で鼻を舐める
 ことができる
目標の芸能人
 志尊 淳さん
スポーツ経験
 サッカー8年
 テニス12年目
(全国選抜高校大会3位)

井上瑞樹くんが受けたオーディションはこちら
 
http://www.we-school.net/auditiontop/​

 

■中学生でファッションに目覚めてからずっと目標でした

写真を拡大 緊張しながらも、真摯に答えてくれた井上くん。

ーーこの度は合格おめでとうございます! グランプリを受賞して、率直な気持ちを教えてください。

井上 ありがとうございます。STREET JACKさんは高校1年生から愛読していた雑誌なので、とても嬉しいです。

ーーオーディションの最終審査を終えて、手応えはありましたか?

井上 そうですね…緊張はしましたけど、自分がアピールしたいことは審査員の方にすべてお伝えできたと思います。僕は普段、周りから「初対面だと固そうなイメージに見える」と言われることが多いので、当日は相手の方が笑顔になるように、と心がけました。

ーー最終審査で他の候補者の方と並んだとき、どんなことを考えましたか?

井上 みんな、身長が高いなあって(笑)。あとは、待合室でもみんな笑顔で話しかけてきてくれて、とてもフレンドリーな雰囲気だったので、(最終審査には)リラックスして臨めましたね。

ーーそもそもオーディションを受けようと思ったきっかけは?

井上 中学生の頃から洋服が好きで、常に「他の人と同じ格好はしたくない」と思っていました。同時に、モデルというお仕事に興味が出てきて、大学生になったことをきっかけに思い切ってこういう世界に飛び込んでみたいと思ったんです。

ーーご家族の方はどんな反応でしたか?

井上 母はずっと応援してくれていたんですが、父はそんなに…(苦笑)。でもグランプリをいただけてからは、両親ともに応援してくれています。

 

■180cm以下でも洋服をかっこ良く着こなせるモデルに

写真を拡大 屈託のないこの笑顔も、井上くんの大きな魅力の一つ。今後に期待大だ!

ーーさて、井上くんはグランプリの特典としてSTREET JACK WEB専属モデルのほか、WEG(ワタナベエデュケーショングループ)に特待生として入学する権利を得ました。4月からはアクターズモデルコースの学生さんとして、デビューに向けたレッスンに励んでいらっしゃるとのことですが、スクールでの授業を受けてみてどうですか?

井上 今までに習ったことのないことだらけで…クラスの同級生も自分よりもレベルの高い子たちでいっぱいなので、まずはそのクラスの中で一番になれることを目指して頑張っています。そして、その先に、WEG生として在籍するこれからの1年間で学校のトップを取ることを目指していきたいです。

ーーなるほど! 目標が明確ですね。ではその先に目指すものは?

井上 一番は、プロのモデルになりたいです。今は身長の高いモデルさんが多いですが、日本人の平均身長からいえば、けして180cmを超える人たちばかりではないと思うんです。僕のように、モデルとしてはそんなに身長は高くなくても、洋服をカッコよく着こなせるんだぞ、っていうことをもっともっと世の中にアピールできるようになりたいと思っています。

ーー最後に、井上くんのように芸能界入りを目指して、これからオーディションを受験しようと思っている皆さんにメッセージをお願いします。

井上 緊張することは思いますが、まずは笑顔で話すこと。これが一番大事だと思います!

ーーーありがとうございました!

 

まずはこれから1年間、WEG特待生として芸能界デビューを目指してレッスンに励むこととなる井上くん。彼の今後の活躍にご期待ください!