母から娘へ、娘から母へ、娘から子供たちへ
今こそ向き合いたい「愛情の遺伝」。
自立した女性に贈る「幸せ」をもたらす折れない生き方とは
母と娘、渾身の全編描き下ろし作品
 

『女にとって夫とはなんだろうか』本日、配本! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日26日より全国書店で発売される!

本書は作家・井上ひさしの元妻・西舘好子と三女・井上麻矢が

自らの「結婚・離婚・再婚」を通して気づいた、

女性が自分らしく生きるための指針である。
母と娘が約半世紀にわたる「喜びと悲しみ」の経験の果てにたどり着いた「女」の生きる道を今、ここに読者にわかりやすく伝えます!

西舘好子
井上麻矢

 

 

 

 

 

 

 

100万部突破、2017年度ベストセラーランキング総合1位に輝いた
『九十歳。何がめでたい』の著者、作家・佐藤愛子先生から

本書推薦のお言葉をいただきました。
「あなたはお母さんのことをよく見ていればいい。

あんなとんでもないお母さんがいてよかったね」