2014年、芸能界を震撼させた「サイン会0人事件」が起きた。デパートで行われた、自身のサイン会に文字通り一人も客が集まらなかったのだ。ネット上には真偽不明の“現場写真”も。当事者である、お笑いコンビのジョイマン(ボケ:高木晋哉、ツッコミ:池谷和志)に真相を聞いた。

■「オーガニックな」0人です。

ーーサイン会を開いて、人が一人もこない。「サイン会0人」事件。本当にあったのでしょうか?

池谷:ええ本当です。

高木:山田(ルイ53世・髭男爵)さん言うところの「(添加物など一切ない)オーガニックな」0人です。

 

池谷:あれはやっぱり芸能界のどん底だったと思います。他に無いんじゃないですかね…。

ーーどうして誰一人として集まらなかったんでしょう。サイン会はコアなファンは絶対参加するから「どんなに引きが弱い人でも10人は集めるもの」というセオリーを聞いたことがあります。

池谷:こっちが聞きたいですよ! 一応吉本の仕事だったんです。最初は、写真撮影会やっててそれは結構集まってました。その後に「サイン会があるので、50枚整理券が配られています」って言われて。僕らも「このタイミングで!?」って不安でした。で、長テーブルに二人で1時間座って待っていたんですけど、全然来なくて。実はサイン会希望の方もいたんですよ。でもその方は整理券を持っていなかったんです。

 

ーーなるほど、“整理券しばり”があったんですね。とはいえピュアな0人。ひとつ疑問なのが整理券をもらった人です。嫌がらせだったんでしょうか?

池谷:嫌がらせでそんなことします?50枚の嫌がらせですよ!

高木:もしドッキリとかで仕組まれていたことなら面白かったよね。僕はもう1回バウンドしろよというエールだと捉えています。

池谷:確かに少しはあれでバウンドしたかな。

 
次のページ 整理券をもらった人はいやがらせ目的?