■崖から落ちた時の複雑骨折が治っていない

ーーちなみに、「サイン会0人」の現場写真もありますが、あれはどなたが撮られてたのでしょうか?

高木:あれ自分たちでやったんです。こんな状況を自分だけでは抱えきれないなと思って、イベンターの方に「ちょっとこれ撮ってください、発信させて下さい」って言って。その人には申し訳なかったんですが。そうしたら思いのほかいい感じの写真を撮ってくれて。それをツイッターで拡散しました。

ーー高木さんは、意図してか知らずかツイッターをうまく活用されている印象があります。

高木:そうですね、TVも出れない、ネットや雑誌の取材があるわけでもない。何か言える機会といえば、自分がプライベートでやっているツイッターしかなかったので、僕の中の「主な仕事」として取り組んでいました。

ーーそうしてつらい「サイン会0人事件」も乗り越えられて(?)、いまの芸能界での立ち位置はどこら辺なんでしょう。

池谷:いやー僕たちどこいいるんだろうなあ。

高木:まだ崖から落ちた時の複雑骨折が治っていないですね。で、崖の下の暗闇の中にいてまだ山には登れていないです。山登りはもちろん続けていきますけど…。