10年前にプチブレイク。しかしその後は続かず…「サイン会0人事件」など苦渋もなめてきた。そんな、お笑いコンビのジョイマン(ボケ:高木晋哉、ツッコミ:池谷和志)だが、落ち込んだときに助けてくれたのは一発屋芸人の先輩たちだという。

■手を差し伸べてくれたのは一発屋の先輩たち

ーーどん底の状態で助けられた人はいますか?

池谷:他の一発屋芸人さんたちには助けられました。まずムーディー勝山さんに「“一発屋会”やっているから入らない?」って誘われて。そこでHGさんとかレギュラーさん、三瓶さん、天津の木村さんとか一発屋の先駆者の方々にアドバイスをもらえたんです。「今お前らはネタに対して弱気だな」とか、「高木は特にイェイってやったときの手が低い」とか。

ーーめちゃくちゃ細かいアドバイスですね(笑)。

池谷:あとは天津の木村さんに「何か言われても上手く返そうとするな」と。(ジョイマンは)やられてれば絵になる芸人だからと。それまでは何か上手いこと返さなきゃって、気負っていたんですけど、それを言われてすごく気持ちが楽になりました。

 
次のページ 次長課長・河本はなんと言ったか?