江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

『譚海』(津村淙庵著、寛政7年)に、次のような話が出ている。

 吉原の大文字屋の楼主市兵衛が安永七年(1778)の冬、神田岩槻町にある屋敷を千二百両で買い取ることになり、手付金として二百両を渡した。

 売主が名主に届け出たところ、楼主に土地を売ることはまかりならぬと言い渡された。やむなく、売主は市兵衛に契約の破棄を申し出た。

 しかし、市兵衛は納得せず、名主の不当を町奉行所に訴え出た。

 町奉行所の裁決は、女郎屋(妓楼)の楼主は賤業であり、その賤しい身分をわきまえず、江戸城の近くに土地を買うなど、「甚だ不届き至極」というものだった。

 この例からもわかるように、吉原の楼主の社会的地位は低かった。楼主は俗に忘八と呼ばれた。忘八とは、

 仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌

 の八つを忘れた人非人という意味である。まともな人間とみなされていなかったことになろう。

『世事見聞録』(文化13年)は、遊女の境遇には同情を示しながらも――

 ただ憎むべきものはかの忘八と唱ふる売女業体のものなり。天道に背き、人道に背きたる業体にて、およそ人間にあらず、畜生同然の仕業、憎むに余りあるものなり。

 と、楼主を痛罵している。

 

 このように、楼主は社会的にさげすまれる存在だったが、実際には多くの人が、その楼主が経営する妓楼で遊んでいたのである。少なくとも、楼主がいなければ妓楼は成り立たなかった。