江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

 現在、ネット上の性風俗店の広告では、所属する風俗嬢を写真で紹介している。直接、店舗に行った場合でも、受付で見せられるのは風俗嬢の写真を載せたアルバムである。

 つまり、写真で判断し、相手を決めなければならない。

「あっ、この女の雰囲気、いいいな」

 そう感じて、指名したところ、実際に現われた風俗嬢は写真とは似ても似つかぬ風貌や体型だったという喜劇(あるいは悲劇)はしばしば耳にする。

 カメラがデジタル化し、パソコンの能力も向上するともない、専門技術者でなくても写真の修正や加工は簡単にできるようになった。
 その結果、写真は必ずしも信用できなくなっている。こと風俗嬢の紹介写真に関するかぎり、修正や加工がまったくないと考えるほうが難しい。

写真を拡大 図1『白浪日記』(山里東人著、文政5年)国会図書館蔵

 さて、江戸時代は、客の男は遊女の顔を自分の目で実際にたしかめることができた。

 図1は、吉原の張見世の光景である。男たちが格子の前に立ち、遊女を物色している。

 妓楼は通りに面して、張見世と呼ばれる格子造りの座敷を設けていた。遊女は張見世にずらりと座って、客の指名を待つ。
男たちは格子越しに遊女をながめ、相手を決めるわけである。これを、「見立て」といった。

 相手を見立てた男は、入口近くにいる妓楼の若い者に、

「右から三番目の女」

 などと告げればよい。

 若い者は遊女をたしかめ、大きな声で、

「八木沢さん、お支度~ぅ」

 などと名前を叫び、客の指名があったことを伝えた。