■「フィジーク」で活躍する久野圭一さんに聞く!

今回話を伺ったのは、「フィジーク」で活躍する久野圭一さん。さわやかな笑顔の裏に恐るべき筋肉をまとう。

 関東地方も梅雨に突入。夏を直前に控えたこの時期になると、毎年のように雑誌やバラエティ番組で「○○しながらできるダイエット!」や「1日たった3分でできるポッコリお腹対策」などといったお手軽ダイエットを見かけるようになる。

 しかし、ボディメイクスペシャリストの久野圭一さんは、「そういった類いのダイエットやエクササイズの効果はごく少量。意味がないとは言いませんが、効率はかなり悪い」と語る。そう、お手軽なトレーニングの成果はたかが知れているのだ。

 久野さんは、完全個室パーソナルトレーニングジム「KEY FIT EBISU TOKYO」の代表。そして、肉体の美しさを競う「フィジーク」という競技で活躍するトップアスリートでもある。ボディビルダーやフィジーカーに“減量“のイメージはないかもしれないが、たくましい筋肉を付けるのと同じくらいに減量は重要で困難な作業。言うなれば、減量の達人であり、その道のプロなのだ。

■残念ながら、「腹筋」ではお腹の脂肪は落ちない

 さて、きっと多くの読者が夏を前にして悩んでいるのが、ぽっこりお腹であろう。そこで早速、久野さんにぽっこりお腹を撃退するためのトレーニング法を伝授してもらう。ちなみに、この手の企画によくあるのが「腹筋」を鍛えるエクササイズ。事実、お腹周りが気になってきた人は、とにかく腹筋を始めてみる人は多いはず。しかし、久野さんいわく「腹筋だけをしていてもお腹はへこまない」という。

「これは実験結果からも明らかになっています。腹筋を定期的に継続してやっていたグループとしなかったグループとでほとんど差異がなかったのです。お腹周りの脂肪が少ない人が腹筋をがんばれば、うっすらと筋が見えてくることはあっても、腹部の脂肪が直接落ちるわけではない」

 つまり、部分痩せは諦めたほうがよさそうだ。ぽっこりお腹が気になり始めた人が、必死になって腹筋に励んでも“思うような”効果は得られないようだ。

次のページ それでもお腹を引き締めるには