■猫を愛した文豪たち

 猫という生きものは、多くの人間をトリコにしてきた。あまりにもかわいい姿を見ると、自然と笑みがこぼれてしまう。愛情が強まりすぎて「下僕」と化してしまう飼い主も少なくない。

 猫は一般人だけでなく、多くの文豪や芸術家たちに愛されてきた。谷崎潤一

写真:フォトライブラリー

郎もそのひとりで、とりわけ洋猫が好きだったと伝えられている。猫を溺愛する男と、それを取り巻く女性たちの姿を描いた小説『猫と庄造と二人のおんな』では、猫の小悪魔っぷりが見事に描写されている。これは、猫とともに暮らし、自身も猫にほれていたからこそ、魅力を存分に引き出せたのではないだろうか。

 歴史小説などで名を残す大佛次郎も、類を見ないほどの愛猫家として知られている。「猫は一生の伴侶」といい、生涯を共にした猫の数は約500匹ともいわれるほど。猫グッズや浮世絵なども収集していて、その全貌は『大佛次郎と猫』(監/大佛次郎記念館)でも紹介されている。

 ほかにも、中島らも、町田康、角田光代、村山由佳など、現代の作家たちにも愛猫家が多い。

 国内だけではなく、海外にも猫好きの作家は多い。アメリカの絵本作家、エドワード・ゴーリーは、人に対しては興味を抱かないが、猫への愛情は尋常ではなかったという。殺人事件をテーマにした作品もあるほど、その内容は絵本とは思えないほどまがまがしいものもある。しかし、猫たちが殺されるといった描写はなかったことからも、猫を愛していた様子が伝わってくる。

 

 ノーベル文学賞を受賞したヘミングウェイも、猫好きな作家として有名だ。6本指の多指症の猫を「幸福を呼ぶ」としてかわいがったという。これが由来となり、多指症の猫を「ヘミングウェイ・キャット」と呼ぶこともある。

 なぜ猫好きの作家が多いのか。人それぞれに理由が違うだろうから、定義付けることは難しいかもしれない。しかし、自由気ままに過ごす姿が作品へのインスピレーションを与えてくれる、徹夜続きでもお互いのペースで暮らしやすい、といった理由が考えられそうだ。

 時には、「猫が原稿を破いた(データを消去した)」などといって、締め切りに遅れた言い訳に使っていたこともあるかもしれないが、猫はそんなことはつゆ知らず、これからも作家たちに愛されていくだろう。

 本誌7月号では、「猫は、家族」をテーマに、猫との暮らしを特集。内田百閒の名作『彼ハ猫デアル』の全文掲載や養老孟司インタビューなど、猫と著名人の暮らしを垣間見られる企画も展開。猫への愛情を多角的に楽しむことができるだろう。