売れても売れなくても、なぜ彼らはゴキゲンなのか。プチ鹿島が見た芸人の生き様を、新刊『芸人「幸福」論』 からお届けしよう。今回はU字工事。

 

福田薫(写真左・1978年5月12日生まれ。ツッコミ)と益子卓郎(写真右・1978年6月16日生まれ。ボケ)の二人組。ともに栃木県出身。高校在学中よりコンビを組み、2000年デビュー。数多くのバラエティ番組に出演。テレビ、ラジオだけでなく、浅草東洋館などでも活動。http://ammypark.co.jp/uk

 

■友人が考えたコンビ名

 今ではすっかりおなじみとなった超実力派の漫才コンビ。どこへ行っても爆笑。
 寄席で漫才をやっていると「あのじいちゃん、笑いすぎて死ぬんじゃねーか、大丈夫かと思ってしまうこともあります、ハイ」と益子は笑顔で言う。ちなみに益子は「ごめんねごめんね〜!」のほう。

 ふたりの出会いから、聞いてみた。

 福田薫と益子卓郎は、高校生の時から友達の前で漫才をやっていた。福田がラグビー部で暇つぶしにやっていたら楽しくなり、教室でも順々に相方を代え、益子にたどり着いた。

 友人が毎日、黒板に適当なコンビ名を書いてくれた。ある日、また思いつきで書いてくれたのが「U字工事」。

「だから、コンビ名にはホント意味とか由来とかないんです。その日の友人の気分だったんです」(益子)

 本人たちもノリのまま、素人でも参加できるテレビ番組に出た。そして同じ大学に進学。

「がっつりと将来は決めていなかったですけど、何となく漫才師になりたいなぁと」(福田) 

次のページ 「浅草お兄さん会」からM1へ