江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■「禿」として育てられた女の子

 第2回『吉原繁栄の裏で「身売り」された貧困家庭の娘たち』の図2に、農村の幼い女の子が女衒に買い取られ、連れて行かれるところが描かれていた。

 こうした女の子は、女衒によって各地の遊里に転売された。

 なかでも、吉原の妓楼に売られた女の子は、禿として育てられた。

 禿はいわば遊女見習いである。遊女に命じられた雑用をこなしながら、遊廓のしつけを学んでいく。

 しつけにはもちろん、性的な知識も含まれる。

写真を拡大 図1『浮世学者御伽噺』(志満山人著、文政5年)

 図1では、花魁に用事を命じられた禿が、戻ってきて――

「おいらんへ、あのね、もしもし、あのね、う~、何だか忘れんした。たしか、煙草のことざいます」

 と、泣きそうな顔になっている。

 髪飾りや衣装などは普通の女の子にくらべると派手だが、しょせん十歳前後の子供なのに違いはない。いじらしい光景と言えよう。

写真を拡大 図2『絵巻物今様姿』(美図垣笑顔著、天保13年)
図2『絵巻物今様姿』(美図垣笑顔著、天保13年)

 いっぽう、図2は、夜の妓楼の光景。とくに用事を言いつけられていないのをさいわい、禿ふたりがおはじきをして遊んでいる。こんな場面を見ると、やはりまだ女の子だった。

 それにしても、十歳前後で親元から引き離され、集団生活のなかに放り込まれたのである。

 しかも、まわりは男と女の性が濃厚にただよう環境だった。いやでも、禿は性的には早熟にならざるを得ない。もちろん、妓楼はこれが狙いだった。

 妓楼で生活するなかで禿は、男と女のからみ合う寝床を目の当たりにすることもあったし、遊女のよがり声を耳にするのはしょっちゅうである。

 まずこんな環境に慣れさせることで、禿から性的な羞恥心を消し去ったのである。