日本初のフレンチ立ち飲み
有名料理評論家も唸らせる南仏の味

 オーナーシェフの佐藤さんは、この店が日本で初めてのフランス料理の立ち飲み店だと胸を張る。
「2005年のオープン当時は、フランス料理の立ち飲みというのは挑戦でした。案の定オープン当時は閑古鳥が鳴いていましたけど」と当時を振り返る。
 転機となったのは、料理評論家の山本益博氏。氏が料理雑誌で店を紹介すると、徐々に客が増えていった。今や常連が詰めかけ、25名入ればぎっしりという店内が、立錐の余地もないほどの状態になることも珍しくない人気店に成長した。その理由は、おしゃべり上手な佐藤さんの人柄と、もちろん料理のクオリティの高さだろう。
 シェフは南仏で修業経験があるため、料理はプロヴァンス風が中心。一般的なフランス料理と比べてバターを多用せず、あっさりした味付けのため日本人にも馴染みやすい。食材にもこだわりが強く、特に冬場に登場するトナカイ、ハト、ウサギ、イノシシなどのジビエは絶品だ。定番メニューでぜひ食べてもらいたいのが、いろいろなお肉のパテ。牛、豚、鶏のミンチの中に、白レバーの塊がゴロッと入っている。これひとつとっても、料理にどれほどの手間と情熱を注いでいるのかが分かるはずだ。

店内はカウンターが中心、丸テーブルもある。ワインは約50種類。グラスワインは390円~とリーズナブルで赤5種類、白5種類、泡2種類を用意。生ビールは480円。
プロヴァンサル
西武新宿線西武新宿駅から徒歩すぐ
新宿区歌舞伎町2-45-7 大喜ビル1F
03-3205-8113
営18:00~翌1:30LO
※祝日は17:00 ~ 22:00LO
休日曜(日月が連休の場合は日曜営業、月曜休み)

こちらのお店以外にもまだまだ行きたくなるお店がてんこ盛り!
詳しくはこちらの本で是非お確かめください。

誰にも教えたくない隠れ家的名店から、行列必至の超人気店まで!!
『大人の立ち食いグルメ 東京編 珠玉の名店100』880円(税込) 小社刊