革靴とスニーカー。今、急速にそのボーダレス化が進んでいるのをご存知だろうか?
気になるその最前線から、4つのブランドの新作にフォーカス!

 

K-SWISS

写真を拡大 〈K-SWISS〉20,000円+税(問:凛 ☎︎03-3407-3419)

 老舗のスポーツアパレルとしても有名な〈K-SWISS〉の定番コート系スニーカーのフォルムを生かしながら、ブラックレザー仕様で一気に「革靴感」を醸し出したアバンギャルドな新作。遠目で見るとクールなビジュアルだけど、実はカジュアルに崩している、というギャップの妙を感じる一足だ。

 

ARCOLLETTA PADRONE

写真を拡大 〈アルコレッタ パドローネ〉23,000円+税(問:アドナスト ☎︎03-5456-5821)

 一般的なスニーカーよりも軽い、革靴ではなかなか見かけないパーソナリティが魅力。ソールはビブラムソールを使用し、革製のスニーカーとは一味違う表情だ。普段革靴を履いている人でも、こういうソールを使っていると滑らないので、雨のときに何かとありがたい、という好例。

 

CLARKS ORIGINALS

写真を拡大 〈クラークス オリジナルズ〉24,000円+税(クラークスジャパン ☎︎03-4510-2009)

 スニーカーとも革靴とも定義できない作りのこちら。インソールはクッションがしっかりしており、履き心地はスニーカーの感覚。スウェード、キャンバス、ヌバックなどいろいろな素材を使っており、アッパーは3層構造になっている。ライナーに伸縮性があるのも魅力的だ。

 

Space Craft

写真を拡大 〈スペースクラフト〉24,000円+税(問:スペースクラフト ☎︎03-3881-7171)

 形容するなら「革靴を作るつもりで作ったような」シューズ。見た目はスニーカーだが、素材的にはイギリス製のクーズーの革を使用しており、まさしく革靴とスニーカーの「ハーフ&ハーフ」といえよう。スポーツ系のスニーカーだとカジュアルすぎるが革靴までは…という層にはぴったり。