江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■「晒し者」になっていた宿場の遊女

 第11回『江戸の風俗に「パネル詐欺」はなかった!』で、吉原の張見世について書いた。

 妓楼(女郎屋)では客の男に、商品である遊女を展示し、選んでもらわねばならない。

 そのため、吉原以外の遊里でも、張見世と同じようなくふうをしていた。

 今回は吉原から離れ、ほかの遊里の状況を紹介しよう。

写真を拡大 図1『春の文かしくの草紙』(山東京山著、嘉永6年)国会図書館蔵

 

 図1は、宿場の遊女(飯盛女)を描いている。

 吉原は幕府の許可を得た、公許の遊廓である。そのため、吉原の遊女は公娼だった。

 いっぽう、主要な街道の旅籠屋は、道中奉行から飯盛女と呼ぶ遊女を置くことを認められていた。そのため、飯盛女も公娼である。

 飯盛女(遊女)を置いた旅籠屋は、事実上の女郎屋だった。

 図1で、右側のふたりの遊女は、格子も囲いもない場所で化粧をしている。いわば晒し者になっているといってよい。

 だが、「晒し者」と見るのは現代の人権意識であり、当時はごく当たり前だった。

 むしろ、遊女は街道を行く旅人に見られたり、声をかけられたりするのを楽しんでいたろう。

 また、図1で、女が旅人の首に巻いた荷物を引っ張っている。これは、客引きの女中が、強引に旅人を泊まらせようとしているところである。

次のページ 品川の旅籠屋の光景