|平地でスイッチバックする一畑電車

 聖地鉄道とは、寺社の参詣者を輸送することを主な目的として建設された、いわゆる参詣路線に、参詣者輸送を目的として敷設されたものではないが沿線の寺社と深い関係をもっていた路線を加えたものをいう(筆者の造語だ)。
 こうした聖地鉄道は、戦時中、聖地鉄道であるがゆえに廃線の危機に直面した。物資不足が表面化し、金属供出が推奨される中、参詣に使われる鉄道など贅沢で「不要不急」なものだと目されたからだ。
 その結果、廃線となった路線や一部が廃止された路線が出た。一畑電車は後者のケースであった。
 この一畑電車には、一畑口駅でスイッチバックするという謎がある。

謎のスイッチバックがある一畑電車

 鉄道好きの方はご存知だろうが、スイッチバックとは駅や信号場などで列車が進行方向を逆にすることをいう。傾斜をなるべくゆるくするためジグザグに山を登っていく登山鉄道で使われる技術だが、一畑口駅は平地にある。
 では、なぜスイッチバックするのか。
 一畑電車は出雲大社前駅と電鉄出雲市駅・松江しんじ湖温泉駅を結んでいることから、出雲大社への参詣者を輸送することを目的として造られた聖地鉄道だと思われがちだが、実はそうではない。島根半島のほぼ中央にある一畑寺(一畑薬師)と、出雲今市(現・電鉄出雲市)駅を結ぶために敷設された。

一畑電車は電鉄出雲市駅と松江しんじ湖温泉駅・出雲大社前駅を結んでいる

 徒歩以外の交通機関がなかった一畑寺にとって、この路線の開設は悲願であり、その建設には多額の費用も負担している。松江や出雲大社に向かう支線は、出雲今市~一畑坂下(一畑寺の最寄り駅)が完成した後で建設されている。

 ところが、戦時中の昭和19年(1944)、一畑口駅から一畑寺最寄り駅の一畑坂下駅の間が不要不急路線に指定されてしまった。一畑電車の「一畑」たる部分であったが、時勢には逆らえず、線路などを供出させられた。

 戦後もこの部分の路線が再建されることはなく、不自然なスイッチバックのみが残されることになったのである。

|稲荷橋駅が穴守稲荷駅になった意外すぎる理由

 聖地鉄道の謎にはこんなものもある。
 富山地方鉄道立山線は平安時代以前から霊地とされてきた立山に向かう鉄路であるが、ここに岩峅寺(いわくらじ)駅という、いかにも聖地ぽい駅がある。ところが駅の周辺をいくら探しても岩峅寺という寺は見つからない。
 実は岩峅寺は立山の信仰拠点の一つであったのだが、明治の神仏分離により神社(雄山神社前立社壇)になった。古い名前が地名として残ったため、このようなまぎらわしいことになったというわけだ。
 いっぽう駅名の変更が、聖地の悲劇を伝えている例もある。
 京急蒲田駅から羽田空港に向かう京急電鉄の路線は、現在は空港線と呼ばれているが、かつては穴守線といった。今の羽田空港のあたりに穴守稲荷神社があり、その参詣者を輸送するのを主な目的としたからだ。

かつて穴守線と呼ばれていた京急空港線

 堤防に穴があかないようにと19世紀初めに祀られたという御由緒もつ神社であるが、明治頃より広く信仰を集めるようになり、多摩川の対岸にある川崎大師と並び称される聖地に発展した。
 当時の旅行ガイドや絵はがきなどを見ると、参道には土産物屋や料亭ばかりではなく、鉱泉場や旅館、遊園地まであったことがわかる。いわばミニ浅草といった賑わいだったようだ。
 この聖地に悲劇が訪れたのは終戦直後のことであった。
 神社に隣接していた東京空港を接収したアメリカ軍(GHQ)は、空港を拡張するためとして、穴守稲荷神社周辺の住民に対し48時間以内の退去を命じたのである。
 横暴極まりない話だが、アメリカ軍の命令には逆らえず、神社も急遽、稲荷橋付近に遷座することとなった。その結果、稲荷橋駅は穴守稲荷駅と名前を変えることになったのである。

穴守稲荷神社の鳥居が立つ京急・穴守稲荷駅

 すでにこの悲劇を覚えている人も少なくなり、かつての繁栄の跡も消え失せてしまったが、穴守稲荷神社は今も霊験のあらたかさで知る人ぞ知る神社となっている。

穴守稲荷神社・神札

 

次のページ JR桜井線はなぜ直角に曲がるのか?