自らの本性を巧妙に隠し、猜疑心が強く自己中心的な医師Q。精神科医岩波明が、サイコパスの本性を『殺人に至る「病」-精神科医の臨床報告-』(ベスト新書)で分析する。

■サイコパスは精神の奇形

 

 カナダの心理学者ロバート・D・ヘアは、刑務所における受刑者の心理的評価を担当する中で、精神病質を「測定」するチェックリストを作成した。精神病質チェックリストである。そのリストには、以下の項目が含まれている(ロバート・D・ヘア著『診断名サイコパス』早川書房 1995)。

〈感情・対人関係〉

 口達者で皮相的
 自己中心的で傲慢
 良心の呵責や罪悪感の欠如
 共感能力の欠如ずるく、ごまかしがうまい
 浅い感情

〈社会的異常性〉

 衝動的
 行動をコントロールすることが苦手
 興奮がないとやっていけない
 責任感の欠如
 幼い頃の問題行動
 成人してからの反社会的行動

 ヘアは精神病質を次のように描写し、社会のあらゆる場所に精神病質者が潜んでいると主張する。

 サイコパスは社会の捕食者であり、生涯を通じて他人を魅惑し、操り、情け容赦なくわが道だけをいき、期待を打ち砕かれた人や、からになった財布をあとに残していく。良心とか他人に対する思いやりに全く欠けている彼らは、罪悪感も後悔の念もなく社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手にほしいものを取り、好きなようにふるまう。彼らから被害を受けた人たちは、驚きとまどい絶望的な思いで自問する。

 
次のページ 私たちは一体どうやって自分を守ればいいのか?