冒険家の春間豪太郎さんと野宿家のカメ五郎さんの対談、第2回目は、具体的なサバイバルの話題に突入。動物を愛おしむことと、動物を食べること。その間にあるものは何なのか。

第1回:5ch冒険家×カメ五郎が語る「僕らがサバイバルの世界に足を踏み入れたワケ」】 

 

■ピグミー族と同じ食事を

春間 僕も、サバイバル経験がひとつだけあるんですよ。西アフリカのカメルーンでピグミー族という、大人でも身長が150㎝くらいの狩猟民族が暮らしているんです。そこで、彼らとまったく同じ生活をしました。(持参したアルバムの写真を指して)ここが村長の家なんですよ。村で一番いい家がこんな感じ。簡単な屋根と壁ともいえない壁でできています。

 

カメ 変に凝った造りにすると修理とか大変ですもんね。 

春間 食事は毎回イモとイモの葉なんです。たまにヤシの木から出た汁を溜めておいたものは、その場にいる人たちで全部飲んでしまう(笑)。家族とか、ほかの人に分けようという考えはまったくなくて。また、子どもたちが仕掛け罠を作りネズミを獲っていました。貴重なタンパク源なんです。

カメ ……なかなか過酷な。これはなんですか?

春間 洗濯です。泥水なので全然きれいにならないんですよ。

カメ どちらかというと、染め物に近いですね(笑)。

春間 ネズミとかいたちの肉は、真水で洗うわけでもなく臭かったですね。下処理の考えもありませんし。

カメ 下処理は大事です。血抜きを失敗するとレバーっぽいというか、独特の臭いが立ってしまいますからね。