■トリカブトをかじる?

春間 鹿の肉なども1週間ぐらいそのまま高温多湿の中に置いておく。そのうちウジ虫が湧いてきたりするのですが、彼らはそのまま焼いて食べるんです。僕も食べましたが、なんとも言えない……さすがに全身に悪寒が広がりました。

カメ 僕もさすがにウジが湧くまで肉を放置することはないです。

春間 いや、カメ五郎さんが実践された「ムカデの躍り食い」のほうが、まずさでいえば上じゃないですか。

カメ カプセル入りの薬品みたいな味でした(笑)。

春間 僕は、全く情報の無い世界に挑戦することが冒険だと思っているので、僕の基準ではカメ五郎さんは冒険家だと言えますね。去年とか、トリカブトをかじっていましたよね(笑)。

カメ トリカブトをかじったらどうなるかと、見せたほうが早いだろうと。人は情報だけは持ってるのですが、そこで止まる人がほとんどですよね。ネット社会になって、知識だけでマウントかける人もいますから。

 

春間 だからといってトリカブトをかじらなくても(笑)。実際にカメ五郎さんの映像を見て実践する人っていますか。

カメ ツイッターなんかで、罠猟で鹿をしとめたと、写真を送ってくれる人もいました。でも多くは、動物を解体することを批判する人に、僕の映像は届きやすいみたいです。

春間 カメ五郎さんの映像を見ると、僕もトライしたいと思いますよ。

カメ 自分でもできるかも、と思わせたい気持ちはどこかにありますね。でも、血はNGじゃないですか。テレビではカットされちゃうんですよ。でも、肉になるまでをちゃんと見せたいと思います。じつは動物が好きでないと腹は割けないんですよ。今はYouTubeなどの動画投稿で広告がつくこともありますが、僕の映像はグロテスクだということで、あまり広告報酬の対象になりません。消されないだけマシかなって。

■旅の相棒との別れ方

--春間さんは動物と別れるときに、野生に戻すのか、人に飼ってもらうのか、行く末をとても心配しておられますよね。

春間 海外だと動物の命がほんとに軽いんで、ニワトリなんかを手放すとすぐに肉にされてしまいます。じつはロバも引き取ってくれると言う人がいたのですが、労働に回されると考えるとやっぱり自然に返すほうがいいのかなと、そのあたりはすごく悩みました。

カメ 春間さんの、ロバを手放すときの行動はあれでよかったんだと思いますよ。日本で野に放つのはさすがに無理ですけどね(笑)。