■遺構の大部分は地上から姿を消した

 城主の成田氏が豊臣方に降伏したのち、忍城には平和が訪れ、その後、城主には譜代・親藩大名が赴任。明治維新後、城は使命を終えると、都市化の荒波に飲み込まれ、遺構の大部分は地上から姿を消した。

曲輪に残される土塁。忍城内に伝わる数少ない往時の遺構

 昭和63年(1988)、忍城本丸には御三階櫓と郷土博物館が完成。失われた忍城の姿が再現されたといいたいところではあるが、たくさんの間違い探しを城好きに提供している。まず、忍城の三階櫓は、南東の城の隅に位置し、現在の地点とは異なる。

 
次のページ 歴史的遺産の破壊、冒涜レベルの「復元」