歴史上の人物に迫るには様々なアプローチがあるが、ここでは四柱推命(しちゅうすいめい)という手法を用いて、歴史上の人物がどんな性格であり、なぜ成功したのか(失敗したのか)を読み解く。※四柱推命と用語の説明はページの最後をご覧ください。

 今回は、1万円札でおなじみ、蘭学者で啓蒙思想家、教育者でもある福沢諭吉を鑑定する。

 ※諭吉が創設した大学として、慶應義塾大学が有名だが、筆者自身、慶應義塾大学出身であり、現在も博士課程に在学している。「義塾で先生は福沢先生のみ」。そう教わってきており、四柱推命鑑定させて頂くことも大変恐れ多いのだが、他の記事に合わせ、僭越ながら、文面上、「諭吉」と呼ばせて頂くことをご了承頂きたい。
慶應義塾大学三田キャンパスにある「三田演説館」。

福沢 諭吉(1835-1901)
生年月日:天保5年12月12日(現行暦:1835年1月10日)

それでは、上の命式表を見ながら鑑定していく。 

 まずは、自然界での役割を表す重要な場所、日柱の干支を使って読み解いていく。

次のページ 日柱の干支:「壬寅」(みずのえとら)