江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■たった一つの出入り口「大門」

 吉原の区画は長方形で、面積はおよそ二万八百坪あった。

 周囲には忍返が植えられた黒板塀がめぐらされ、その外は御歯黒どぶと呼ぶ堀が取り囲んでいた(すでにお歯黒どぶは埋め立てられてしまったため、いまでは吉原跡地である台東区千束の一帯を歩いていても、かつての境界にはまったく気づかない)。

 この堀で囲まれた広大な吉原には、出入り口は一カ所しかなかった。大門(おおもん)である。

 吉原は昼夜を問わず、男の出入りは自由だった。遊客はもとより、冷やかしの男や、各種商人などがひっきりなしに大門を出入りした。

 

 ところが、女は入るのは自由だが、出るのは自由ではなかった。

 大門の右手に四郎兵衛会所(吉原会所ともいう)と呼ばれる小屋があり、番人が常駐していた。女が吉原から出ようとしても、切手と呼ばれる通行証を示さないかぎり、番人は大門から外に出るのを許さなかった。

 これは、遊女の逃亡を防ぐための措置だった。
 そのため、吉原見物に来た女は、あらかじめ四郎兵衛会所で切手を入手しておかねばならなかった。吉原内に住む芸者や、料理屋の女中などは、代理役所の茶屋に申し出て、切手を発行してもらった。
 切手がないと、女は大門から外に出ることはできなかったのである。

 さて、遊女は自由意思で遊女になったわけではない。多くは、幼いころに親から売られた(身売り)のである。

 そのため、年季が終わるのを待ち切れず、吉原から逃亡したいと願う遊女は多かった。

次のページ 逃亡しようとしている遊女