江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■格安フーゾクだった「切見世」

 吉原の区画は長方形で、面積はおよそ二万七百坪である。そこに、広壮で美麗な妓楼が建ち並んでいた。

 ところが、大門から見て右側の端を西河岸、左側を羅生門河岸といい、ここには河岸見世と呼ばれる、格安な見世がひしめいていた。

 同じ吉原の区画内でありながら、西河岸と羅生門河岸には、異質な別世界があったわけである。この格安な河岸見世のなかでも、もっとも格安なのが、切見世(局見世ともいう)と呼ばれる形態の見世だった。

 切見世の揚代は一ト切(ちょんの間、時間にして約十~十五分)が百文だった。

 なお、この切見世という形態は、私娼街である岡場所にもあった。

 切見世は平屋の長屋形式で、狭い路地の両側に部屋がずらりと続いていた。

 ひとつひとつの部屋は、戸を明けると小さな土間があり、土間をあがると畳二枚を敷いただけだった。

 この、畳二枚の部屋に遊女は寝起きし、客も迎えたのである。

 図1で、切見世の情景がわかろう。

写真を拡大 図1『其俤錦絵姿』(東里山人著、文政8年)/国立国会図書館蔵

 細い路地は男たちで混雑していた。吉原に来ても、高級な妓楼は張見世を見物するだけで、実際に遊ぶのは切見世という男は多かった。

 図1の右に、武士のふたり連れがいる。金のない下級武士であろうが、さすがに武士の体面を守るため、手ぬぐいで頬かぶりをしている(絵では、顔ははっきり見えているが)。

 また、中央の金棒を持った男に注目していただきたい。

 文中に――

「サア、まわりやしょう、まわりやしょう」
 金棒の音、ガラン、ガラン。とある。男は切見世の番人である。

 人気のある遊女の部屋の前には、「どうせ、ちょんの間なので、すぐだから」と、順番待ちの男が並ぶことがあった。

 そうすると、ただでさえ細い路地は人の流れが滞留してしまう。

 そこで、番人が手にした金棒を打ち鳴らし、

「立ち止まっていないで、ひと回りしてから、また来なせえ」

 と、追い立てたのである。

 なんとも、すさまじい世界だった。

次のページ エゲツない誘い文句とは?