足元をビシッと決めれば、それだけでコーディネイトにもハクがつくというもの。一世を風靡し、今もなおその威厳を保ち続ける名作ならなおさらで、その堂々たる佇まいはきっと我々の強い味方になるだろう。ここでは、大人の男ならば持っておくべき名ブランドの“顔”たちを厳選。その魅力を余すことなくお伝えしよう。

 

レッド・ウィングのレースアップブーツ(8875)

アメリカメイドの本懐を示し、ワーク靴の礎を築いた名作
抜群の耐久性は言わずもがな、軽さや優れたアーチサポートを備え万能ワークブーツとして広く支持されたモデル。

 

頑なにU.S.メイドにこだわるキング オブ ワークシューズ

 ワーク靴と聞けば、おそらく同社の名を思い浮かべる人が大半だろう。1905年の創業以来、労働者たちの足元は常にこの靴が担ってきた。

 創業者であるチャールズ・ベックマンは、14人の仲間とともにアメリカミネソタ州のレッド・ウィングという田舎町で靴作りをスタートする。そして、これまで数々の名品を世に送り出してきた。とりわけ有名なモデルが877。赤茶色のオロラセットと呼ばれるレザーを使い、時を経るごとにその色合いが猟犬のアイリッシュセッターの毛並に似てくることから、通称〈アイリッシュセッター〉とも呼ばれた代物だ。今でこそワーク靴に分類されてはいるが、当時はハンティングブーツとして送り出され、音が立ちにくいようにと開発されたトラクショントレッドソールは多くのハンターに重用されたとか。その派生モデルとして誕生したのが、6インチのこの8875だ。前身の長所を活かし、さらにレングスを短くしたことでより機動力を増したそれは、やがて庶民の間で愛用されるようになり、広く知られるようになった。