松本清張賞と小学館文庫小説賞をダブル受賞して華々しくデビューした若手作家が『拝啓、本が売れません』という、とんでもないタイトルの本を刊行してはや数か月。版元の垣根を越えて、文藝春秋から一部先取り掲載させていただいた「風に恋う」も7月13日に刊行した。これは『拝啓、本が売れません』のその後の話である。〈前編〉

■新宿の喫茶店にて…

 数々の取材、カツカツのスケジュール、そして版元であるKKベストセラーズの買収騒動を乗り越え、『拝啓、本が売れません』が刊行されてから数ヶ月。三省堂書店神保町本店での刊行記念イベント(なんとキャパ100人!)も無事成功し、ホッと一息ついた頃だ。

 いつも打ち合わせしている新宿の喫茶店で、平成生まれのゆとり作家・額賀と、担当編集ワタナベ氏は久々に顔を合わせていた。
「額賀さん、おめでとうございます! 『拝啓、本が売れません』、売れてますよ!」

 この頃、私は『拝啓~』の中にもたびたび登場した『さよならクリームソーダ』の文庫化の作業、そして新作『風に恋う』の修正作業で大忙しだった。

「ワタナベ氏、重版は! 重版はするのかっ?」
「ま・だ・し・な・い!」
「しないんかい!」

 重版への道のりは、まだ遠いようである。

「でもね、額賀さん。プロモーションを頑張ったおかげでなかなか売れ行きは好調なんですよ」

「三省堂の神保町でイベント後、文芸ランキングで1位にもなりましたしね。体感では、額賀がこれまで出した本の中で一番初速(=発売直後の売れ行き)がいいかもしれません。作家さんとか業界関係者が随分読んでくださいましたし」

 自分の本を《売れる本》にすべく奔走した過程を記録した本が、自分史上最も初速がいいだなんて、不思議なものだ。この間なんて、イベントで初めて私を知った人に「本が売れない本の人ですよね?」と声を掛けられたくらいだ。
「というわけで、額賀さんにご褒美を上げます」
「ご褒美は重版がいいんだけどなあ……」

次のページ ゆとり作家、ご褒美をもらう