江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■新吉原と元吉原

 吉原は元和四年(1618、二代将軍秀忠)に営業を開始し、昭和三十三年(1958)に営業を終了した。遊廓として、じつに三百四十年ものあいだ続いたことになる。ただし、その長い歴史において一度、移転している。

 元和四年に始まったとき、場所は現在の東京都中央区日本橋人形町のあたりだった。

 ところが、およそ四十年後、浅草の浅草寺の裏手にあたる千束村、現在の台東区千束四丁目に移転し、明暦三年(1657)から営業を開始した。

 このため当初の吉原は元吉原、移転後の吉原は新吉原だが、普通、吉原と言えば新吉原のことである。

 そのため本稿では、元吉原と吉原に区別し、特別な事情がないかぎり新吉原とは表記しない。

 さて、三百四十年もの吉原の歴史のなかで、元吉原の時代はわずか約四十年でしかない。
 また、元吉原の史料もほとんど残っていない。

 その大きな理由のひとつが、明暦の大火であろう。明暦三年に起きたこの火災で、江戸城の本丸はじめ江戸の町のほとんどが焼失し、もちろん元吉原も灰燼に帰した。このとき、資料は焼失してしまったのであろう。

 なお、明暦の大火が原因で吉原は移転したわけではない。移転そのものは、明暦の大火以前に決まっていた。

 余談だが、将来、日本橋人形町の一帯で大規模な再開発がおこなわれたら、おそらく元吉原の遺構が発掘されるのではあるまいか。

 
次のページ 素朴で質素な元吉原