平等寺 聖徳太子石像

■飛鳥の聖者・聖徳太子の突然の死

 父は用明天皇、母は穴穂部間人皇女で、両親とも皇族である。祖母はともに蘇我稲目(いなめ)の娘であり、つまり太子は天皇家と蘇我氏の血を受けていたことになる。しかも太子は当時の歴代天皇のすべてに血のつながりのあるエリート中のエリート。皇位にもっとも近い、光り輝く存在であった。 推古30年(623)、前ぶれのない聖者の死は、日本国中に大きな動揺を与えた。 老人はかわいい子を失ったように気を落とし、幼子はまるで母を失ったかのように泣き叫び、その声はいたるところに満ちあふれたという。
 この、人々が胸をかきむしるほどにその死をいたんだ主とは、もちろん聖徳太子のことである。 『上宮聖徳法王帝説』によれば、聖徳太子は574年、飛鳥橘宮で生まれたとされている。名は厩戸皇子、聖徳太子とは逝去したのちにつけられた通称である。

 そして太子は、叔母である推古女帝のもとで摂政として政治の実権を握り、数々の斬新な政策を打ち出して、古代日本の近代化に大きく貢献したのである。
 だが、その輝かしい前半生とは裏腹に、晩年の聖徳太子には暗い影がつきまとっていた。推古13年(605)、なぜか聖徳太子は、当時宮廷があった飛鳥の都から遠く離れた斑鳩(いかるが)の里に宮を造って移り住む。この斑鳩宮(現在の法隆寺の東隣)での隠棲は、聖徳太子の政治的挫折をあたかも暗示するかのようである。
 そして、聖徳太子とその母と妻(膳夫人)の三人が、時を同じくするかのように急死したことは、聖徳太子の失意と絶望の結果ととれなくもない。

 さらに聖徳太子の死後、皇極2年(643)、聖徳太子の遺族で皇位継承者の一人だった山背大兄王(やましろのおおえのみこ)の一族が、蘇我入鹿(いるか)の攻撃を受けて原因滅亡の道を選んだことも、聖徳太子の悲劇性をよりいっそう際立たせている。
 このように聖徳太子を語る場合、聖徳太子自身のもつ悲劇性とともに、太子やその周辺に数多くの謎が存在していることも忘れることはできない。
 なぜ聖徳太子は朝廷から孤立したのか。なぜ聖徳太子の子孫は一人も残らなかったのか。どれもこれもわからぬことばかりなのだ。

 
次のページ 聖徳太子は本当に“聖者"だったのか?