「海(つ)柘榴(ばい)市(ち)(桜井市)」隋使が大和に到着したとき、船を下りたという場所

■聖徳太子の妻・菟道皇女に秘められた過去

『日本書紀』が聖徳太子を暗に誹謗していると思われるような記述は、小野妹子のことだけではない。 

「敏達紀」のなかに聖徳太子に関係する奇妙な記事があるが、これがどうも聖徳太子の顔に泥を塗る目的で記されたとしか考えられないのだ。 聖徳太子の伯父にあたる敏達天皇の最初の皇后は広姫といい、敏達とのあいだに一男二女をもうけたが、このなかに菟道磯津目という皇女がいた。ところが皇后・広姫 が敏達4年(575)に亡くなったため、翌5年に豊御食炊屋姫尊(のちの推古天皇)が皇后となり、敏達とのあいだに二男五女をもうけたが、このなかに菟道貝蛸という皇女がいた。 

皇女をめぐる系図
 

 さて、前出の菟道磯津員皇女と後出の菟道貝蛸皇女は名前が似ているが、『日本書紀』 は後者の菟道貝蛸皇女の別名が、じつは菟道磯津員皇女だったとしている。つまり、両者は異母姉妹でありながら同名であったかもしれない、といっているのである。

 問題はここからだ。

 敏達7年(578)、「菟道皇女」なる人物が伊勢の斎宮となるのだが、ここで事件 が起きる。「菟道皇女」が池辺皇子なる人物に犯されてしまったのだ。『日本書紀』の記事にしたがえば、この事件はやがて朝廷中に知れわたるところとなり、「菟道皇女」は 伊勢の斎宮の任を解かれてしまった。 この一見ありふれた、単なる宮中スキャンダルにすぎない事件も、そのなかにこめられた意味は意外と深い。なぜなら、先述の菟道貝蛸皇女、別名・菟道磯津貝皇女という人物は、じつはのちの聖徳太子の妻であり、伊勢にむかった「菟道皇女」なる人物と同一である可能性が出てきたからである(前頁図参照)。 

『日本書紀』は、この「菟道皇女」がどちらの人物をさしているのか、はっきりと示していない。そこで通説では「菟道皇女」は太子の妻(菟道貝蛸皇女)ではなく、もうひとりの「道磯津貝皇女」をあてている。

 それは、伊勢斎宮が、生涯独身を貫くことが多かったこと、そしてもうひとつは、太子の妻が他の男に犯されているはずがない、という思い込みがあるからだろう。 だが、ここでわれわれが問題としなければならないのは、「菟道皇女」なる人物がどちらの「菟道磯津貝皇女」であったのかということではない。なぜ「日本書紀』 は、わざとどちらにもとれるような曖昧な表現方法をとったのか、ということだ。

 もし『日本書紀』が太子を本当に朝廷の聖者として崇めていたのなら、なぜまぎらわしい記事を放置していたのか、その真意がつかめなくなってくるのである。 

(次回に続く)

〈『聖徳太子は誰に殺された?』〉より