崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開のため四天王像を彫り、それを安置するため建立された四天王寺

 

■聖徳太子の子孫が一人もいない不思議

 聖徳太子をめぐる知られざる謎は、もうひとつある。それは、後世、聖徳太子の子孫を名乗る者が一人もいなかったという事実である。

 これは後でくわしく述べるが、『日本書紀』には、聖徳太子の死後、聖徳太子の子・ 山背大兄王をはじめとする聖徳太子の一族(上宮王家)が、皇極2年(643)、 斑鳩宮で蘇我入鹿のさし向けた軍団に追われ、全滅の道を選んだと記されている。したがって、聖徳太子の子孫を名乗る者がそれ以降出現しなかったことについて、これまで何の疑いももたれていなかった。

 このあたりの事情について、坂本太郎氏は前出の『聖徳太子』のなかで、次のよう に語っている。

「上宮王家の滅亡が単なる舞文でなかったことは、後世太子の子孫と名のる人が、全く史上に現われないことからも証せられる。一族が亡びたといっても、その後裔を称 する人は、いつかは現われるのが常である。太子に限ってその子孫と称する人はいない。太子及び上宮王家は、彗星の如く現われて、世にも美しい光茫を放ち、忽然として消え去ったのである。およそ、これほどいさぎよい一族の興亡が、ほかにあったで あろうか」

 以上のような坂本氏の太子一族に対する称賛は、二つの重大な過ちを犯している。

 まず第一に、バラバラに暮らしていたはずの上宮王家がわざわざ斑鳩宮一カ所に集まって集団自殺したとする『日本書紀』の記述は、まったくの創作ではないかという疑いがあること。

 そして第二に、「聖徳太子にかぎって子孫と称する人はいない」のが上宮王家滅亡のなによりの証拠とする説は、一見正論にみえるかもしれない。だが、これこそがまさしく『日本書紀』の落とし穴なのではあるまいか。聖徳太子の末裔が現れなかったのは、 聖徳太子の一族が実際に滅亡した証拠ではなく、もっと別の見方が可能だからである。

 中世、貴族の没落とともに台頭した新興勢力は、成り上がりゆえにその出自を飾ろうとし、権威づけの努力を惜しまなかった。そんな風潮のなか、源氏をはじめとする天皇家につづく多くの名門家系の名は、武士たちに大いに利用されていた。

 ところが、太子一族の末流と称する者が、ただのひとりたりとも現れなかった。怪しげな「御落胤の末商」がひとりも登場しなかったことこそ不審きわまりない。この事実は、聖徳太子の血統を利用する価値がまったくなく、むしろマイナスでさえあったことを暗示しているのである。

(次回に続く)

〈『聖徳太子は誰に殺された?』〉より