おやつ=間食は太るは、じつは大マチガイ!  間食する人ほど「健康」と「理想的な体型」が手に入る。『ヘルシースナッキングで食べてやせる』著者が明かす、極意。

■新たなダイエット方法誕生

 ダイエット先進国アメリカの西海岸ではすでに常識! もちろん、20年の東京オリンピックへ向けて、大活躍の若手アスリートたちの間にも広がっている、常識破りのダイエット栄養法が注目です。

 それが「ヘルシー・スナッキング」。

 親しみやすく、短く「ヘルスナ」「ヘルスナ」といわれているのを、きっとどこかで聞いたことがあるはずです。

 では、どこが新しくて、なんで流行りはじめているかといえば、これまでずっと信じられてきた栄養やダイエットのための“苦しい”常識からまったく自由になった「楽で」「美味しくて」「楽しい」やり方になっているから。

「やせたいならごはん断ち!」
「運動するときは空腹で」
「肉はダメ! 健康には魚を」
「コレステロールの多い卵は1日1個まで」

 こちらもよく聞く話だと思いますが、「ヘルスナ」ならまるで気にする必要はありません。

 そもそも、そんな常識なんて、ほとんどが大間違いなのです。

 食事法や栄養、健康の常識は、最新の研究結果で日々どんどん変わってきます。

 たとえば、さっきの常識も、

ごはん断ち → リバウンド確実
空腹で運動 → スタミナ激落ち、ケガのもと
魚ばかり食べる → 偏食と紙一重
卵とコレステロール → 無関係

 では、「ヘルスナ」はどう違うのか?
「ヘルスナ」というのは、間食=おやつを使った食事法です。

 わかってしまえば、本当に簡単なこと。
 いつも食べている3食に、「健康的なおやつ」をつけ加えれば
痩せられて、健康にもなるし、体力もつくのが「ヘルスナ」。
 ほかにも、眠気をおさえたり、集中力の維持、美肌効果まで、メリットがたくさん!
 おやつがダイエットの秘密兵器なんて、ちょっと前なら誰も信じなかったでしょう。
 でも、それが真実なんです。

「えーっおやつって、肥満の原因じゃないの?」
「ダイエットでおやつ食べちゃダメでしょ!」

 そんな声も聞こえてきそうです。
 もちろん、じつは「3食+好きなおやつ」では痩せられません。
 ルールがあるんです。でも、たった3つだけ。
 しかも、簡単なことばかりです。

①おやつでは、なるべく砂糖を控える
②おやつは、たんぱく質や食物繊維など栄養が豊富なものに
③おやつは、200キロカロリー以内をメドに

 これだけです。

 ダイエットのために、なにか特別なものを食べるわけでもなく、コンビニやスーパーでゲットできるものそのままでもOK!

 ポイントは、組み合わせと選びかただけです。

 それに、本当のことをいえば、さっきの3つだけのルールだって少し適当で大丈夫。絶対守らなくてはいけない、と難しく考えなくても平気です。

 普通に生活していると「ケーキか、おまんじゅうが食べたい…」
「お腹が空いていて、ついドカ食いしちゃった…」

 そんな日もあるでしょう。

 安心してください。

 積み重なって、結局ダイエット失敗につながる失敗だって「ヘルスナ」なら帳消しにできるやり方があります。

「ヘルスナ」はおいしい、楽しい、誰でも簡単な「おやつダイエット」です。

 では、なぜ「ヘルスナ」でみるみる体重が落ちるのか。

 まず、医学的で科学的に証明された2つのポイントで説明しましょう。

次のページ 間食はダイエットの特効薬!