現場感のない上司の気まぐれ、思いつきに振り回される、部下も頼れない。さらにセクハラやパワハラ対策にも神経をすり減らさなければならない。『「働きがいあふれる」チームのつくり方』(弊社刊)の著者、前川孝雄氏が日本の中間管理職の危機を説く。

■中間管理職の9割は、プレイングマネジャー

 『日本の人事部 人事白書 2014』(アイ・キュー)では、中間管理職の驚くべき現状が明らかになっています。中間管理職へのアンケート調査によると、中間管理職のうち、本来の業務である「マネジャー業務に注力している」という人はわずか1・6%に過ぎず、「どちらかというとマネジャー業務に注力している」人を合わせても13・8%しかいないのです。

 

 一方で、「マネジャー業務とプレーヤー業務を同じくらいの割合で行っている」人が26・3%、「どちらかというとプレーヤー業務に注力している」人は50・9%、「プレーヤー業務に注力している」人も9・0%います。つまり、約9割の中間管理職は、マネジャー業務に加えて現場仕事にも時間と労力を割かなければならない「プレイングマネジャー」というわけです。

 現場仕事を担当するプレイングマネジャーには当然、個人ノルマも課せられます。短期業績の達成を会社から求められるかたわら、さまざまなプロジェクトや会議にも駆り出され、さらに部内の手続き的な業務にも追われています。日々の業務をこなすのに手一杯で、「部下育成やチームづくりが重要だというのはわかるけれど、現実的にはそんな余裕もない」とマネジャー業務を置き去りにせざるを得ない中間管理職が多いのが実情なのです。