『戦国の陣形』の著者が、軍隊配列の秘密に迫る!
 武士の行列変遷史
『戦う大名行列』

「大名行列の起源は、
 実は上杉謙信が始めた軍隊配置からだった!」

 

「大名行列」は、一般的に儀礼の行列から発展したと考えられている。歴史家•乃至政彦氏は、この行列の編成様式に注目。資料を読み解き、その起源は上杉謙信が武田信玄に大勝した「川中島の戦い」の軍隊配置にあったと指摘する。謙信はこの戦いで、多くの一般兵士を失う代わりに、敵の上級指揮官を討ち取るという、ある意味、リスクが高い戦術をとった。

本書で乃至氏は、「川中島の戦い」や「大坂の陣」など戦の謎を行列から紐解き、さらに全国に普及していった武士の行列の変遷を通して、用兵思想の実相を明らかにする!

 

乃至政彦(ないし•まさひこ)
プロフィール)
歴史家。1974年、香川県高松市生まれ、神奈川県相模原市在住。代表作 に『戦国の陣形』(講談社)、『上杉謙 信の夢と野望(』KKベストセラーズ)、『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』(河出書房新社)、『戦国武将と男色』、共著書に『関東戦国史と御館の乱』(いずれも洋泉社)がある。その他、 多数の書籍の監修に携わる。おもな論文に「戦国期における旗本陣立書の成 立:[武田信玄旗本陣立書]の構成から」。BS-TBS『諸説あり!』など の歴史番組にも出演。