おやつ=間食は太るは、じつは大マチガイ!  間食する人ほど「健康」と「理想的な体型」が手に入る。『ヘルシースナッキングで食べてやせる』著者が明かす、極意。

■ヘルシースナッキングで食べたい食品

 

「ヘルシースナッキング(ヘルスナ)」で、ぜひ取り入れていきたい食材について紹介していきます。

 繰り返しの説明になりますが、「ヘルスナ」の目的は、間食をすることで血糖値を安定させ、ダイエット向きの身体を作ること。そこで腹持ちのいい食品を「ヘルスナ」用に選べば、夕食までの間の空腹感を押さえられ、目的を達成できるということになります。

 つぎに、その基本からちょっとステップアップ。腹持ちだけでなく「ヘルスナ」で積極的に栄養を補うことについても、考えてみましょう。

 下の食材表をみてください。右上に集まっているものは、間食として手軽に食べられるだけではなく、栄養補給にも優れた食材です。

 

 たとえばチーズやヨーグルトといった乳製品は、カルシウムだけではなく、たんぱく質も豊富。アーモンドやクルミなどのナッツ類は、食物繊維が多いという点でも優れています。

 また「甘み」が欲しいときは、ミカンやりんごなどのフルーツ類を食べれば、ビタミンCも摂取することができます。

 こういった食材を「ヘルスナ」に利用するのもOKですし、お菓子やスイーツの太りやすさを和らげるために、組み合わせて使うのもいい考えです。いずれにせよ、これらをある程度量ストックしながら、食生活に取り入れていくようにしていけば、ダイエットだけでなく健康効果も大きく期待できます。

 それでは、もう少し詳しく「ヘルスナ」で積極的に摂りたい食材を推薦していきます。

 
次のページ 4種プラス1の食材で、おいしく楽しくヤセる!