おやつ=間食は太るは、じつは大マチガイ!  間食する人ほど「健康」と「理想的な体型」が手に入る。『ヘルシースナッキングで食べてやせる』著者が明かす、極意。

■「まとめ買い」から「小分けへ」が基本!

 

「小分け」もぜひ習慣にして欲しい「ヘルシースナッキング(ヘルスナ)」ならではのポイントです。

 ポテトチップスやグミなど、コンビニやスーパーで気軽に買えるお菓子の多くは、ひと袋にまとまっていて、一度開けてしまうとついつい食べ過ぎてしまうという落とし穴があります。手を付けたら食べ切らないと湿気ってしまう、といった心理も働いて、ひとりで全部食べてしまうというようなこともありますよね。

 そこで、おやつを買ったら、すぐ小分けにする習慣をつけて欲しいのです。

 チョコレートなどは、ひとつずつの包み紙や個別包装になっています。そんな最初から小分けのものを利用するのもよいでしょう。「ヘルスナ」向けの食材、たとえばナッツやドライフルーツもたいていが大きな袋に入っていますから、ナッツと個別包装のチョコレートなど、自分でおやつ用に組み合わせてみたいものです。

 また最近は、最初から「ヘルスナ」を意識した商品も多く開発され、ナッツとドライフルーツがセットで個別包装されているようなものも販売されています。ただ、やはり包装代がかかっている分、少し割高にはなってしまうようです。

 そう考えると、100円ショップなどで自分で小さな袋やパックを買って小分けすれば安く済みます。好きな組み合わせでおやつを用意できるので、一石二鳥ですね。

 さまざまな品目を組み合わせて、いろいろな栄養素を摂れるようにすると、なおいいです。量や食材などは、これまでに説明してきた「ヘルスナ」の3つルール通りなら、ほかにはとくにこだわりはありません。

次のページ 「ヘルスナ」を選ぶには、食品表示をみよう