こまめにトイレ掃除をしているのに、気になるニオイとおさらばできない・・・そんなお悩みはないだろうか?パナソニック株式会社エコソリューションズ社が行ったアンケートで、わたしたちがトイレ掃除で見落としている点が見えてきた。

■トイレのニオイの原因は「壁」にあり!?

 なぜあなたの家のトイレのニオイは消えないのか。

 全国の 20 ~50 代の男女1,000 名を対象に 「トイレのニオイと掃除に関する実態調査」を実施。「トイレのニオイが蓄積されていると思う箇所」を調査したところ、全体では「便器のフチ裏」だと考えている人が42%と最も多く、次いで「便器の内側」「便座(裏)」と便器や便座本体があがった。また、これらは、全体の約8~9割の人が「普段トイレ掃除をしている箇所」であったという。つまりここはみんな掃除しているし、ニオイ源だとも思っている。

 しかし!である。82%の人は「トイレの壁」がニオイの蓄積場所となっていることを認識していなかったというのだ。「トイレの壁」へのニオイの染みつきがトイレ掃除の盲点となり、掃除をしても取れない嫌なニオイの根本原因となっている可能性が示唆された。

<本調査内容>
調査名  トイレのニオイと掃除に関する実態調査
調査期間   2018年8月3日(金)~8月6日(月) 
調査対象
サンプル数  : 男女各500名(計1,000名)
条件     : 持ち家・同居家族有
年齢     : 20-50代
エリア    : 全国
調査方法   : インターネット

 では、この結果を踏まえ、実際にどのような掃除方法が効果的なのか? “名誉トイレ診断士” どきどきキャンプ佐藤氏のアドバイスを紹介したい。

次のページ トイレ掃除のコツQ&A