江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■廻しの悪弊

 昭和三十三年(1958)四月一日から売春防止法が完全施行され、わが国の遊廓制度は終わった。逆からいえば、昭和三十三年三月末日まで吉原遊廓は存続したことになる。

『全国遊廓案内』(日本遊覧社、昭和5年)の「遊廓語のしをり」に、「廻し制」について――

 廻し花制とも云ふ。一人の娼妓が同時に二人以上の客を取つて、順次に客から客へ廻つて歩く事。

 と定義している。また、同書は、「東京吉原遊廓」の特色として――

 登楼してからの制度は全部廻し制で、所謂東京方式と云ふ方法である。

 と述べている。

 昭和になっても、吉原では廻しが普通だったことになろう。

 さて、廻しは、いわゆるダブルブッキングである。妓楼は遊女に、同一時間帯にもかかわらず、どんどん客を付けた。

 同一時間帯に複数の客が付いている遊女は、金をもらっている以上、寝床をまわってサービス(性行為)をしなければならないはずである。ところが、往々にして、何人かの客を放っておいた。

 
次のページ 「もてた」「ふられた」