日本と欧米のサラリーマン社会の交差点で、多くの経験を積んできた筆者が、多角的に改めて日本のサラリーマン社会を分析してみた。「ここだヘンだよ、日本のサラリーマン」シリーズ第1回は、日本生まれで、日本で働く生粋の「ドメドメ日本人」サラリーマンに話を聞いた。

■新人時代「お先に失礼します」に怯えたドメドメ日本人

 マスコミ業界への太いパイプで知られる某有名大学卒業の、田中さん(仮名。30代男性)は、憧れのマスコミ関連業種への就職を果たした。日本生まれの日本育ち、日本企業で日本人のみを相手に日々の仕事を行う。ドメドメ日本人サラリーマンの田中さんに、「ここがヘンだよ、日本のサラリーマン」というテーマで質問をぶつけみた。

 

「上司が帰るまで帰りにくいという、妙な雰囲気の働き方は確かにありますね。特に、新人の頃は上司や先輩たちがまだ働いているのに、お先に失礼します、と言って帰るのに非常に気が引けました」

 よく聞くような話しだが、昔ながらの古い体質を今でも保っている日本企業では、こうした話しが出てくること自体は驚きではない。更に田中さんは、自分の新人時代の話しだけではなく、30代になって見る今の後輩社員たちについても、興味深いコメントを。

 
次のページ 中堅になり、今度は後輩にカチンとくる。